東京のレストラン、居酒屋、バー、ランチの感想を日々投稿していきます

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

世界三大夜景のうちのひとつが香港にあります。

ビクトリアピーク

ビクトリアピーク

ビクトリアピークは、香港が世界に誇る夜景スポットで、
トラムかバスで『太平山』とい山頂まで行き、
そこから香港100万ドルの夜景を楽しむことができます。

ビクトリアピーク

香港で山というり印象なかったのですが、
ここは絶景でした~

(写真がうまく撮れていないのが残念です)


→グルメ人気ブログランキングへ

[【香港編】ビクトリアピークで出会った蝦子麺(香港麺)]の続きを読む


夏の香港。

蒸し暑く、覆いかぶさってくるような
湿度のある暑さは日本と同じで、
香港もとっ~ても暑いです。

そんな中、わたしたち観光客は、
一日外を観光で出歩くわけなので、水分補給は欠かせません。

1日あたりペットボトルは3本は飲んでしまうくらい暑い香港の夏です。

香港

市場や露店商店も多い香港においては、
キオスクのような売店も多いのですが
同時にセブンイレブンをよく見かけました。

日本と比べて、コンビニに何か違いがあるでしょうか?

→グルメ人気ブログランキングへ

[【香港編】セブンイレブンに置いてある飲み物]の続きを読む


まもなく夏休みシーズンですね。

これからの夏の旅行を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

さて、昨年の夏のこととはなりますが、
旅行で香港に行った際に、
出会ったモノたちを何回かに分けて
ご紹介していきたいと思います。

香港 夜景

お台場、横浜などベイエリアの夜景も綺麗ですが、
香港の夜景は、ビルが横並びでビューティホー。

ベイエリアからは、ギネスにも載る有名な光のショー
シンフォニー・オブ・ライツ』があります。

毎日20時に14分間、複数のビルが連携し、ラスベガスのように
オーケストラミュージクックと共にライトアップショーが
演出、観光客を楽しませてくれます。

街が観光を意識した作りとなっており、
国際都市、香港だな~と、しみじみ感じました。

そんなイルミネーションの演出に東芝も協賛しており、
ビル広告「TOSHIBA」という文字が光を放ち、かなり目立っていました。
日本企業も香港で頑張っているなと、ちょっと嬉しく印象に残りました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
香港に降り立ち、初めて飲んだものをご紹介しましょう。

→グルメ人気ブログランキングへ

[【香港編】半端なくおいしい!マンゴージュース 許留山]の続きを読む


以前、お世話になった方を囲む会.

その方に、事前にお店のご希望をおうかがいしたら、
銀座の鉄板焼きをオススメいただきました。

ginza1.jpg

銀座 冨くら 銀座本店

テーブルの真ん中には、ピカピカに磨かれた大きな鉄板。

今日は鉄板焼きだから、洋服が煙くさくなってもみんな大丈夫!と
準備万端で、この大きな鉄板の上でいろいろ焼く気満々です♪

さて、何をこの鉄板で焼くかというと・・・


→グルメ人気ブログランキングへ

[鉄板焼き 銀座 冨くら ]の続きを読む


バーカウンターで、
目の前の棚に陳列されたお酒を見ていると
お酒の種類の多さを感じます。

ファジーネーブル

これらお酒を使って、
どれだけの組み合わせのカクテルができるのだろうか、あのボトルのお酒はどんな味がするのだろうと想像してみると、まだまだ未知のお酒、カクテルが数多くあるのだろうと思いをめぐらします。

それは、まるで本好きが本棚を見ながら、
次はあれを読みたいな、あれはどんなだろう?と
思う心境に近いものがあるかもしれません。

バーっておもしろいです。


ファジーネーブル

オーダーしたのは、定番カクテル

ファジーネーブルとレッドアイ

ファジーネーブルって、
Fuzzy navel
あいまいなネーブル?

→グルメ人気ブログランキングへ



[本棚とバーカウンター]の続きを読む


栄えある文化遺産。
2013年、「和食」は、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

日本が世界に向け「和食」を提案した内容は、


「和食;日本人の伝統的な食文化」と題し、
「自然の尊重」という日本人の精神を体現した
食に関する「社会的慣習」として提案する。

• 米、味噌汁、魚や野菜・山菜といったおかずなどにより食事がバランスよく構成。
• 動物性油脂を多用せず、長寿や肥満防止に寄与。



↓日本が提案した日本の食文化の中には、こういう食事も含まれているでしょうか。


DSC_0553.jpg

白米、あさりの味噌汁、アジの干物、卵焼き、ほうれん草の胡麻和え。

日本人には、落ち着くラインナップであり、
日本の自然の恵みが含まれています。

わたしたち日本人は、長年かけてこの伝統的和食の良さは知っていますが、
海外から日本にやってくる外国人観光客は、
こういう和食に触れる機会はあるのでしょうか。

(子供の頃は、あさりのお味噌汁の味わい深さや、
アジの干物のおいしさなどは正直わかりませんでした。
これらの良さが分かるのに長年かかりました)


彼ら外国人の思う和食(日本食)とは、

Sushi 寿司

Tempura 天ぷら

Sashimi お刺身

Sukiyaki すき焼

等々

時には、日本由来ではない、焼き肉、ラーメンなどではないかと思います。

まだまだ和食のおいしさ、深さを海外の方に知ってもらいたいですね。

→グルメ人気ブログランキングへ


外国人がハマった!世界に誇る日本食ランキングベスト50(NAVER)




訪日観光客が増え続ける昨今、東京、大坂、京都に限らず地方も少しでも多くの外国人客に来てもらうため、インバウンドビジネスへ次々と乗り出しています。なにはともあれ、英語は必須だ~



中国人の日本観光は、団体から個人旅行へシフトしつつあり、自分達の行きたいところへ自由に行くようになっているそう。それだけ日本観光が中国人にとって定着しつつあるようだけれども、飛騨高山、高野山の宿坊泊など、より日本の文化に触れはじめてくれているのは嬉しい限り。日本もより観光国としての価値を高めるため、まだまだ考えていくことが沢山ありそう。

→人気ブログランキングへ



にほんブログ村 グルメブログへ

グルメ ブログランキング

さて、今からマジックが始まります。

北新地 浪花ろばた 頂鯛 (いただきたい)

鍋からもくもくと沸き起こる謎の煙。

冷気たっぷり。

鍋の中には一体どんな食材が入っているでしょうか?


→グルメ人気ブログランキングへ

[北新地で料理マジック 浪花ろばた 頂鯛 (いただきたい)]の続きを読む