東京のレストラン、居酒屋、バー、ランチの感想を日々投稿していきます

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都に訪れたら、ぜひ行ってみたかった京都のバー
「京都サンボア」に行きました。

京都 サンボア

「京都サンボア」は、大正7年創業の寺町通にある老舗バーで、
谷崎潤一郎など、数多くの文化人も訪れている京都の草分け的存在として有名です。


店内に入ると、寺町通の賑わいとはうって変わり、
音楽は一切かかっていない静寂感のあるバー。


周りのお客さんは、静かに本を読みながらウイスキーソーダ割りを飲んだり、
ご夫婦で訪れているお客さんは、静かに会話しながらウイスキーそのものを
じっくり味わっている雰囲気。


ここはお酒を心から愉しむための本当のバーだ・・・。(心のつぶやき)


ということで、今回は、写真ではなく、
この場の雰囲気を簡単にメモで残しておきました。

京都 サンボア


「京都サンボア」には、メニューは置いておらず、
飲みたいお酒・飲み方をマスターに伝えます。

→グルメ人気ブログランキングへ



この日はウイスキーをぜひとも飲みたいと思っていたので、

すぐに思いついたのが、

ピリリと刺激のある「スキャパ14年」をロックでお願いしました。


スキャパ 14年 通販



メモ図を抜粋です。

京都 サンボア

マスターは、「SCAPA14年」ロックを静かに目の前においてくださり、

それから、ピーナッツ、

最後にSCAPA 14年のラベルがこちらに見えるようにさりげなくボトルを置かれました。


京都 サンボア

透明度が非常に高い氷が2つ。
バーの氷は、ついつい見てしまいます。


一口目から香り豊さが広がる「SCAPA14年」。


ウイスキーの味わいは、同じ銘柄であってもその場所の雰囲気によって
随分感じ方が違う気がする。


以前、東京のバーで飲んだ「SCAPA 14年」とは感じ方が異なりました。


「SCAPA 14年」をじっくり、ゆっくりと味わいながら、
人がいるのか?いないのか?わからなくなるほどのこの静寂感。



まるで京都のお寺の中にいるような、無心の心持ちで、
誰もが、ウイスキーの味わいを、静かに静かに堪能する。





ちょっと感動しました・・・。





次回、次々回、いえ、いつになるでしょう?


いつかこのバーに相応しいお客になれるような人間になれたら・・・
と思わせてくれるような京都の老舗バー「京都サンボア」でした。

京都サンバボアバー(寺町通/京都 老舗バー)
京都府京都市中京区寺町通三条下ル桜之町406
★★★★★ : 4.5

-------------
飲み会お店検索は→ グルメガイド 京都

二次会バー検索は→ 京都 バー | 「京都三条」近辺のバー「四条河原町」近辺のバー
「京都寺町通」近辺のバー「京都駅」近辺のバー「京都市役所」近辺のバー


日本最大級のバー検索サイト BAR-NAVI(バーナビ)

→人気ブログランキングへ



にほんブログ村 グルメブログへ

グルメ ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まさにBarの醍醐味。
nikko81です。

いいですね…

わたし大阪人なのですが、
在阪時代には、バーに行く習慣がなく、
関西のバーって、あまり行ったことがないんですよ。

ウイスキーは家でも愉しめますが、
雰囲気も含めて愉しめるのが、
バーの醍醐味ですよね。

ぜひ、チェックとておきたいですね。

…はやく京都の記事書かないと(笑)
2010/01/09(土) 23:22 | URL | nikko81 #zmqS/pYo[ 編集]
nikko81さんへ
関西のバーは私もほとんど行ったことないのですが、その他いろいろ探索すると面白味がありそうですね~

> ウイスキーは家でも愉しめますが、
> 雰囲気も含めて愉しめるのが、
> バーの醍醐味ですよね。

同感です!(^^)
バーっていいな~と改めて感じました。まさに醍醐味ですよね。

うわぁ~京都の記事楽しみにしています♪



2010/01/11(月) 19:02 | URL | とっきー #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gourmetmemo.blog41.fc2.com/tb.php/272-91a44d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。